木造建物解体

木造建物(一般住宅)は、ほとんどが住宅が密集している場所での作業です。近隣には特に気を配り、安全に留意して解体します。

木造建築解体の流れ

準備工事として、ライフライン(電気、電話、ガス管等)の撤去を行います。仮設資材及び使用機材等の搬入を行い、現場の状況に応じて仮囲いを設置。第三者の立ち入り禁止措置を行います。

建物内部にある、残置物(可燃物等)を撤去します。内装仕上材、造作材(ボード、木材等)を手作業にて撤去・分別し、搬出します。

粉塵・騒音対策として、建物周囲(2〜3面)に鋼管足場を組み立て、養生シートで建物を囲います。

バックホウに木造解体用のアタッチメントを取り付け、上屋構造物を解体します。解体中は粉塵飛散防止のため、散水を徹底して行います。

バックホウに木造解体用のアタッチメントまたはバケットを取り付け、土間および基礎の解体を行います。解体中は粉塵飛散防止のため、散水を徹底して行います。

バックホウにより整地・転圧作業を行います。必要に応じて埋戻材で埋め戻し、整地します。

PAGE TOP
MENU